名古屋市 家族葬 段取り

名古屋市で家族葬をする場合にどんな段取りで家族葬を手配したらいいのか、特に喪主になる方は覚えておいてください。葬儀にも準備が必要で時間がないので肝心なポイントになります。
MENU

家族葬の段取りはどうしたらいいの?名古屋市で行う場合のポイント

御花

 

名古屋市に住んでいる方には限ることではないですが、家族葬をする場合には事前に葬儀の段取りを決めておく必要があります。家族葬をするにしても人が死ぬ儀式である葬儀は待ってくれません。てきぱきとしないといけないのです。

 

ここに書いている通りすればあなたは例え家族葬をするのが初めてでも慌てる必要はありませんので安心してくださいね。

 

下記に示すのはだいたいのことを記載しておきます。というのも全てやる必要がないからです。喪主になる人はだいたいのことを理解しておくだけでいいのです。後は葬儀社の方にお任せしたらいいですよ。

 

 

家族葬にすると意思を伝える

親戚や近しい人には前もってもしもの時は家族葬で葬儀をすることをお伝えしておくことです。

 

それで同意を前もってとることです。中には事前に文書を作成して参列をお断りする場合もあるそうです。

 

 

家族葬に誰を呼ぶか決めておくこと

家族葬に参列してほしい人を前もってリスト化しておきます。参列予定の人を前もってリストにしておくのです。氏名、住所、連絡先などです。またどういう関係課も記載しておくと後になって関係がわかりますので便利ですよ。勿論、誰を葬儀に呼ぶかは事前に家族会議でもしておくといいでしょう。

 

 

葬儀社を前もって選んでおくこと

私の父の葬儀も家族葬で行いましたが、病状が悪化してきたときに兄が葬儀社に行って相談していました。どのような形式で葬儀をしたらいいか、予算面などの相談です。名古屋市で家族葬をする場合はできれば地下鉄の駅から近い方がいいかもしれないですね。また車で移動してくる親戚が多いときは駐車場の広い葬儀社がいいかもしれないです。

 

 

葬儀費用は結構かかりますから葬儀社がお住いの近くにたくさんあるなら事前に資料等を準備しておいてください。また複数の葬儀社から見積をとっておくのです。今ではネットで簡単に葬儀見積が可能ですから葬儀費用と内容に問題がなければ葬儀社は事前に決めておくのがベストですね。

 

 

葬儀日程について

家族葬をする場合には前もって日程を決めておくことです。
日程とはどういう風に家族葬が進むのかです。

 

具体的に言うと故人死去→親戚等への連絡→遺体の搬送→遺体安置→葬儀社と通夜の打ち合わせ→通夜→葬儀→火葬場→精進落とし→49日法要→納骨
という流れです。

 

家族葬でも火葬のみで行う場合もありますので、家族・親戚等と打ち合わせが必要になります。

 

 

ここまでが葬儀社との段取りに関する情報ですが、忘れてはいけないことがあります。それは戒名をどうするかです。これに関してはわからない人は葬儀社に相談です。菩提寺がわかればお坊さんに相談になります。いずれにしても戒名は必要になりますから相談と準備は必要になるのです。

 

 

以上、葬儀の段取りを喪主になる人は決めておく必要があります。何といっても時間との勝負になりますので、家族葬の段取りは前もって相談しておくといいでしょう。名古屋市にはたくさんの葬儀社がありますので菩提寺がある方以外はどこでもいいと思いますが、葬儀費用が安い葬儀社を見つけるなら前もって見積依頼をしておいてください。

 

>>名古屋市で安い家族葬のできる葬儀のトップへ

 

 

関連ページ

どこまでの範囲を呼ぶべきか
名古屋市にて家族葬をする場合に葬儀に呼ぶのはどこまでにするか悩むべきです。葬儀に呼ぶ範囲がここで明確になりますから安心して家族葬を執り行うことができるでしょう。
家族葬の葬儀費用はいくらかかるの?
家族葬の葬儀費用はいくらかかるか、知っておくべきです。葬儀は突然起こることです。急な出費があるので前もって葬儀の価格がいくらかかるか知っておきましょう。葬儀費用は前もって見積をとると安くなるようです。
このページの先頭へ