名古屋市 家族葬 どこまで

名古屋市にて家族葬をする場合に葬儀に呼ぶのはどこまでにするか悩むべきです。葬儀に呼ぶ範囲がここで明確になりますから安心して家族葬を執り行うことができるでしょう。
MENU

名古屋市で家族葬をする場合にどこまで呼ぶべきか?

名古屋市に住んでいる方で家族葬をする場合に最初に悩むのは葬儀参列者をどこまで呼ぶのかです。これに相当悩みます。家族葬ですからなるべく故人の遺志に沿って身内だけでしたいものですが、実際にはどこまで家族葬に呼べばいいか悩むのが現実です。

葬儀の祭壇

 

家族葬を行う範囲とは

家族葬とは一般葬と比較して違うのは葬儀の規模です。小さなお葬式ですから家族葬に呼ぶ範囲は近親者のみでいいです。しかし近しい友人、知人まで呼ぶこともあります。

 

家族葬は極小規模の場合と一般葬までは大きな規模ではないですが、ある程度の参列者を呼ぶこともあります。

 

 

 

家族葬の一般的な範囲

 

家族葬の参列をお願いするときに葬儀の規模によって葬儀の段取りも違ってきますから下記の家族葬の範囲を覚えておくと役立ちます。

 

 

 

10名程度;故人の配偶者、子供およびその配偶者まで

 

20名程度:故人の配偶者、子供およびその配偶者までに加えて、故人の兄弟姉妹およびその配偶者まで

 

30名程度:故人のいとこや甥、姪まで含めた場合

 

 

実際、家族葬をする場合には決める時間がないときがありますから私の父も家族葬をしましたが、ふたを開けたら家族葬だったのに参列者が100名くらいでしたのでびっくりしました。結果的に大規模な家族葬になりました。こんなこともあるのです。

 

 

家族葬に参列してもらう人への連絡は?

臨終に立ち会うことができるのは身内のみです。臨終になると今度することは葬儀の段取りです。葬儀社を早急に決めることです。葬儀社を決めるのに余裕もありませんから葬儀費用を抑えたいなら前もって葬儀見積をとっておくのがいいです。

 

葬儀社が決まれば後は誰を呼ぶかです。家族葬をするときにはその情報は他の人に広めると厄介なことになりますので極秘に理解をしてもらいながら進めるべきです。

 

 

 

身近な親族にはどの範囲まで伝えるべきか

一般的には親等が二親等もしくは三親等までです。両親や子供、兄弟姉妹には必ず伝えておきましょう。

 

臨終後は葬儀日程と葬儀の場所を改めてわかったら伝えるようにしましょう。

 

>>トップへ

 

 

 

 

 

 

関連ページ

家族葬の段取り
名古屋市で家族葬をする場合にどんな段取りで家族葬を手配したらいいのか、特に喪主になる方は覚えておいてください。葬儀にも準備が必要で時間がないので肝心なポイントになります。
家族葬の葬儀費用はいくらかかるの?
家族葬の葬儀費用はいくらかかるか、知っておくべきです。葬儀は突然起こることです。急な出費があるので前もって葬儀の価格がいくらかかるか知っておきましょう。葬儀費用は前もって見積をとると安くなるようです。
このページの先頭へ