家族葬 葬儀費用 いくら

家族葬の葬儀費用はいくらかかるか、知っておくべきです。葬儀は突然起こることです。急な出費があるので前もって葬儀の価格がいくらかかるか知っておきましょう。葬儀費用は前もって見積をとると安くなるようです。
MENU

家族葬の葬儀費用はいくら? 葬儀見積制度ってあるの知っているの?

葬儀 お花である菊

 

これから家族葬をする人にとって、費用は気になりますね。家族葬の葬儀費用がいくらかかるのか知っておきたいですね。あなたはこの記事を読むことにより葬儀費用を安くする方法を学ぶことができるようになります。ですから最後までしっかりと読みましょうね。

 

 

 

家族葬の費用はいくら準備しておくといいの?

 

家族葬の費用は一般葬に比べると葬儀費用は少なくて済みます。一般葬の葬儀費用の相場がだいたい200万円くらいです。家族葬の葬儀費用の相場は約50万円くらいです。
ですから一般葬をするよりも葬儀費用は抑えることができます。

 

ただしここで注意することがあります。それは家族葬と言えども誰を参列者に呼ぶのかにより費用は違ってきます。100人近くの家族になる場合もありますし、実際に私の父親の場合がそうでしたからね。

 

 

 

 

家族葬にかかる費用の内容、内訳はこんなものが含まれています

 

家族葬の費用にはどのような内訳になっているか知っておきましょう。費用の内訳を知ることであなたはその葬儀内訳からでももっと費用を削ることだってできるのです。

 

 

一般的な家族葬のプランの内訳

 

お迎えからご安置まで

 

寝台車
ドライアイス
ご安置料金
枕飾り一式

 

 

納棺

 

お棺
仏衣一式
お棺用の布団
役所および火葬場への手続き代行

 

 

通夜から告別式

 

寝台車
葬儀場の利用料金
生花及び祭壇
遺影写真
受付セット
司会スタッフ人件費
運営スタッフ人件費

 

 

 

火葬

 

寝台車
火葬料金
骨壺、骨箱

 

 

 

式が終了したのち

 

自宅飾り一式
会葬礼状

 

 

 

以上が家族葬の葬儀費用に含む内訳になります。勿論この葬儀内訳には不要なものもあると思いますが、値切る人は殆どいないと思います。こんな葬儀前には時間もなくそんなにコスト削減なんて考えないのです。しかし葬儀費用は気をつけないといけません。人間が死ぬと葬儀社の仕事が成り立ちます。葬儀費用で葬儀社の経営は成り立っているのです。ですから葬儀屋の言いなりにはなるべきではないです。例え家族葬といってもお金は相当かかりますからなるべく費用を抑えるようにしましょう。この際に家族葬の費用を抑えるためには葬儀をお願いする前に葬儀社選びが大切です。見積を簡単にとれますので、利用するべきです。葬儀費用を見積で比較するだけでも10万円、20万円の差額は出ますのでね。家族葬の葬儀費用はいくらかかるか、わかりましたか。いくら葬儀費用がかかるかわかるだけでもいいことです。家属葬の段取りが重要になります。家族葬の葬儀費用を安くする場合にいくらかかるか知っておくと葬儀費用の内訳で不要なものがあるはずですからね。

 

 

 

 

関連ページ

家族葬の段取り
名古屋市で家族葬をする場合にどんな段取りで家族葬を手配したらいいのか、特に喪主になる方は覚えておいてください。葬儀にも準備が必要で時間がないので肝心なポイントになります。
どこまでの範囲を呼ぶべきか
名古屋市にて家族葬をする場合に葬儀に呼ぶのはどこまでにするか悩むべきです。葬儀に呼ぶ範囲がここで明確になりますから安心して家族葬を執り行うことができるでしょう。
このページの先頭へ